SONY KDL-55HX850:テレビ台を低くしてみた

DSC03720

 

ついに買ってしまったSONY KDL-55HX850。以前設置編をこのブログに書きましたが…

2~3日使ってみたところどうにもテレビの位置が高すぎる気がしたので変更してみました。

 

いままで使っていたテレビ台はTOSHIBA REGZA 42RH500とセットで買った「TVR-TH1200K」というやつです。

これだと高さが50センチあって55インチのテレビを見るにはかなり高すぎて首が痛くなりそうでした。

椅子やソファーに座って見るなら普通の高さだと思うのですが

我家のリビングはこたつで座布団に座るというスタイルのため高すぎました。

 

というわけで思い立ったが吉日ということで早速変更してみました。

 



テレビ台を改造してみる

 

SONY DSC

ちょっと前の古い写真ですがテレビ台はこんな感じです。

ぱっと見たところ中段と天板の間の柱と中段ガラス板だけ取ってしまうことができそうだったので

まずはそれを試して見ることにしました。

 

とりあえず2人がかりで設置したKDL-55HX850を

今回は一人で移動させなければならないということで試行錯誤したところ

スタンドの付け根に手をかけて持ち上げれば移動させることができそうでした。

 

しかし床におろしてしまうと持ち上げることが難しそうだったので何かいい仮台はないかと考えたところ

勉強机に付属していたキャスター付きの引き出しがあったのでそれに乗せることにしました。

結果作戦は成功しキャスター付きの仮台のおかげもあって難関のテレビ移動はスムーズに行きました。

 

次に段にセットしてあるアンプやスピーカー、ゲーム機などを全て撤去し

軽く掃除をして本題のテレビ台の分解にとりかかりました。

 

テレビ台 改造成功

結果から言ってしまえば中段とその柱は撤去するのは簡単でした。

これだと天板までの高さは約33センチとなかなかいい感じのテレビ台になりました。

 

早速元に戻しテレビを置いてみたところ…見やすい。

仮設置の段階ですがこたつから定位置で眺めてみてもかなり見やすくなっていたので期待できそうです。

DSC03730

 

センタースピーカーの角度問題

とりあえず必要最低限のAVアンプ(ONKYO TX-NA609)とセンタースピーカーを設置しました。

しかし…、センタースピーカーはこの位置だと若干上向きにしなければならないようです。

このセンタースピーカー(ONKYO D-508C)は角度調整用のスパイクが欠品ということで

安く変えたものなのでスパイクがありません。

 

スパイク取り付け用のネジ穴は空いているので

ホームセンターでM6の40mmのボルト2本セットを150円で買ってきて

とりあえずこれを使うことにしました。

 

DSC03712 DSC03713

無事にセンタースピーカー、ONKYO D-508Cに角度をつけることができました。

ちなみに最終的にはこの写真より角度は緩くしてあります。

 

多分ONKYOのサポートに連絡すればこの部品だけ買うことはできると思うので

必要なら後日注文して見ることにします。

 

置けなくなった機器たちは…

段が減れば当然ながら設置できる機器は減ってしまいます。

今回の変更で入りきらなくなってしまったのは…

CDプレーヤー「PIONEER PD-T05」、ゲーム機「PS3」/「PS2」です。

Wiiはコンパクトだったのでアンプ横の隙間に設置できました。

 

とりあえずゲーム機…というよりはメディアプレーヤーとして活躍していたPS3を設置して見ることにしました。

しかし…アンプの上には入らずどうしたものかと悩んだ挙句テレビ左下に設置して見ることにしました。

DSC03724

 

続いてPS2ですが、こちらはテレビの裏側に立てて設置することにしました。

ちょっと使い勝手が悪いですが今は使用頻度は高くないのでこれでよしとしました。

 

~完成~

 

DSC03732

(画面に表示されているのはプリインストールされている画像)

 

最終的にはこんな感じになりました。

こたつに座ってみていても全然疲れなくなりました。

以前の42インチの時でもちょっと高いかなと感じていたので

55インチでは高すぎると感じるのも無理は無いと思います。

 

CDプレーヤーは使ってないので撤去しても良かったんですが

なんとなくでとりあえずスピーカーの上においておくことにしました。

ちなみにスピーカースタンドは2×4の柱をホームセンターでカットしてもらって自作したものです。

最後にAVアンプの自動音場補正を設定して一段落しました。

 

●最終的なAV機器全体の構成は下記のとおりになりました。

TV SONY BRAVIA KDL-HX850ブログ内記事はこちら
AVアンプ ONKYO TX-NA609ブログ内記事はこちら
BDプレーヤー/ゲーム機 PS3(CECH-3000)
CDプレーヤー Pioneer PD-T05ブログ内記事はこちら
ゲーム機 PS2(SCPH-50000)
Wii
フロントスピーカー DIATONE DS-77Z
センタースピーカー ONKYO D-508Cブログ内記事はこちら
サラウンドスピーカー ONKYO D-508Mブログ内記事はこちら)(天井取付金具 CB-102W)
サラウンドバックスピーカー ONKYO D-308M(天井取付金具 CB-102W)
サブウーファー YAMAHA YST-SW325ブログ内記事はこちら