Acer ASPIRE one D250を少し触ってみた

SONY DSC

Acer ASPIRE one D250を触る機会があったので少し使ってみました。

 

以下Eee PC 901と比較してですが・・・

 

SONY DSC

 

 

まず画面が大きくなっています。
Eee PCは8.9インチで1024×600の解像度ですが、こちらは10.1インチで1280×720という解像度になっています。
あとこちらは光沢パネルを採用しています。

 

 

SONY DSC

 

画面が大きいので本体も一回り大きく、
それにあわせてキーボードも大きいものを搭載しています。 

Eee PCのキーボードはキーピッチが狭く結構使いにくかったのですが、
ASPIRE oneはだいぶ打ちやすくなっています。

 

 

 

Eee PCはSSDでしたがこちらは160GBのHDDを搭載しています。

Eee PCはCドライブが4GBしかなくかなり厳しいですが
ASPIRE oneはリカバリー領域として10GBほど使用されていますがそれでも136GBの容量があります。

これだけあればUMPCとしては十分すぎる容量だとおもいます。

 

あとこのASPIRE oneはWindows 7 Starterを搭載しています。
ちょっと荷が重いのかサクサク動くとはいえないです。
アニメーション効果を削ったところ体感速度はアップしました。

Windows 7 Starterは壁紙の変更ができないようです。
デスクトップを右クリックしたときのメニューに個人設定がないんです。

あとバッテリーのもちは未確認です。

 

SONY DSC SONY DSC SONY DSC

最後に左右の画像と裏側の画像。

一部ネジはAcerシールで封印されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする