GIGABYTE GA-P35-DS4 ”CPU Host Clock Control”を”Enabled”にするだけで再起動してしまう。

現在メインPCで使っているマザーボード、GIGABYTE GA-P35-DS4 Rev 2.0ですが

数ヶ月ぐらい前から、オーバークロックをするためCPU Host Clock ControlをEnabledにすると

POSTのメモリテスト段階あたりで再起動してしまい

オーバークロックの設定も無効(CPU Host Clock ControlがDisabledに戻ってしまう)

になってしまうトラブルに悩んでいました。

FSBなど初期値のままEnabledにしても再起動してしまいます。

 

 

結論から言ってしまえばBIOSの”Legacy USB storage defect”を”Disabled”にすることで解決しました。

 

 

今まで何の問題もなかったオーバークロック設定なのに突然こうなってしまい

いまいち原因がわからないままだらだらと数ヶ月がすぎてしまいましたが

今日ようやく本腰を入れてネットで調べてみたところ解決することができました。

 

メモリカードリーダーのアクセスランプが点滅するあたりで落ちてしまうので

これかもしれない!!と思って早速変更してみたらビンゴでした。

ほかにもUSB-HDDをつなげているとこのトラブルが発生するとの書き込みもありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. L より:

    通りすがりのものです。
    同じMBをつかってるのですが、長年OCできないかった原因がこれだったとは・・・
    本当に感謝です^^

  2. mikanmike より:

    それはそれは。
    お役に立てて何よりです!