PentiumIII搭載の古いノートPCにWindows7をインストール

先日Windows 7が発売になりました。

ちょっと古いPCにインストールしてみたので軽くレポートします。

 

インストールしたPCはEPSON DIRECT製のEndeavor NT-1400というノートPCです。

2001年10月ごろ発売されたPCでBTOでPentium III-Mを搭載することができました。

 

EPSON DIRECT NT-1400

 

所有しているPCのスペックは下記の通り。

CPU Intel Mobile PentiumIII-M 1GHz
チップセット Intel 830MP+ICH3M
メモリ PC133 S.O.DIMM 128MBオンボード+256MB
HDD FUJITSU MHV2080AH 80GB
ビデオ ATI Mobility RADEON M6-M ビデオメモリ 8MB DDR SDRAM

詳細は別記してあるのでこちらをご覧ください。

 

 

このような古いPCですがWindows Vistaも入れてみたことがあります。

メモリ384MBが相当足を引っ張っている感じでまったく実用にはなりませんでした。

 

そして今回はWindows7をインストールしてみます。

メモリが足を引っ張りVistaと大して変わらないと予想してみました。

 

まずこのPCはDVDドライブがありません。

なのでCD-Rに焼いておいたWindows PE2.0で起動し

あらかじめUSBメモリにインストールディスクの内容をコピーしておき

そこからインストールをすることにしました。

 

SONY DSC

WindowsPE2.0は正常に起動しました。

コマンドにてWindows7のインストーラーを起動しセットアップを開始します。

今回はHome Premium Editionをインストールします。

パーティションをフォーマットしインストールを開始しました。

 

SONY DSC

このPCはUSB1.1なのでインストールには時間がかかりそうです。

今から思えばHDDにディスクをコピーしておけばよかったと・・・

 

SONY DSC

インストールはあっさり完了しました。

やはりメモリ不足のためペイントなどの起動にも時間がかかります。

しかしエクスプローラなどはVistaより軽快な印象を受けました。

でも常用はできませんね。ビデオドライバもありませんし・・・

XPのビデオドライバを無理矢理入れてみましたが一応動くみたいです。
エクスペリエンス インデックスは途中で止まってしまいましたが・・・

 

Windows エクスペリエンス インデックスを実行しました。

WEI

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする