ONKYO D-508C | mikanmike ~Sub Blog~

アーカイブ

‘ONKYO D-508C’ タグのついている投稿

SONY KDL-55HX850:テレビ台を低くしてみた

2012 年 11 月 3 日 コメントはありません

DSC03720

 

ついに買ってしまったSONY KDL-55HX850。以前設置編をこのブログに書きましたが…

2~3日使ってみたところどうにもテレビの位置が高すぎる気がしたので変更してみました。

 

いままで使っていたテレビ台はTOSHIBA REGZA 42RH500とセットで買った「TVR-TH1200K」というやつです。

これだと高さが50センチあって55インチのテレビを見るにはかなり高すぎて首が痛くなりそうでした。

椅子やソファーに座って見るなら普通の高さだと思うのですが

我家のリビングはこたつで座布団に座るというスタイルのため高すぎました。

 

というわけで思い立ったが吉日ということで早速変更してみました。

 

テレビ台を改造してみる

 

SONY DSC

ちょっと前の古い写真ですがテレビ台はこんな感じです。

ぱっと見たところ中段と天板の間の柱と中段ガラス板だけ取ってしまうことができそうだったので

まずはそれを試して見ることにしました。

 

とりあえず2人がかりで設置したKDL-55HX850を

今回は一人で移動させなければならないということで試行錯誤したところ

スタンドの付け根に手をかけて持ち上げれば移動させることができそうでした。

 

しかし床におろしてしまうと持ち上げることが難しそうだったので何かいい仮台はないかと考えたところ

勉強机に付属していたキャスター付きの引き出しがあったのでそれに乗せることにしました。

結果作戦は成功しキャスター付きの仮台のおかげもあって難関のテレビ移動はスムーズに行きました。

 

次に段にセットしてあるアンプやスピーカー、ゲーム機などを全て撤去し

軽く掃除をして本題のテレビ台の分解にとりかかりました。

 

テレビ台 改造成功

結果から言ってしまえば中段とその柱は撤去するのは簡単でした。

これだと天板までの高さは約33センチとなかなかいい感じのテレビ台になりました。

 

早速元に戻しテレビを置いてみたところ…見やすい。

仮設置の段階ですがこたつから定位置で眺めてみてもかなり見やすくなっていたので期待できそうです。

DSC03730

 

センタースピーカーの角度問題

とりあえず必要最低限のAVアンプ(ONKYO TX-NA609)とセンタースピーカーを設置しました。

しかし…、センタースピーカーはこの位置だと若干上向きにしなければならないようです。

このセンタースピーカー(ONKYO D-508C)は角度調整用のスパイクが欠品ということで

安く変えたものなのでスパイクがありません。

 

スパイク取り付け用のネジ穴は空いているので

ホームセンターでM6の40mmのボルト2本セットを150円で買ってきて

とりあえずこれを使うことにしました。

 

DSC03712 DSC03713

無事にセンタースピーカー、ONKYO D-508Cに角度をつけることができました。

ちなみに最終的にはこの写真より角度は緩くしてあります。

 

多分ONKYOのサポートに連絡すればこの部品だけ買うことはできると思うので

必要なら後日注文して見ることにします。

 

置けなくなった機器たちは…

段が減れば当然ながら設置できる機器は減ってしまいます。

今回の変更で入りきらなくなってしまったのは…

CDプレーヤー「PIONEER PD-T05」、ゲーム機「PS3」/「PS2」です。

Wiiはコンパクトだったのでアンプ横の隙間に設置できました。

 

とりあえずゲーム機…というよりはメディアプレーヤーとして活躍していたPS3を設置して見ることにしました。

しかし…アンプの上には入らずどうしたものかと悩んだ挙句テレビ左下に設置して見ることにしました。

DSC03724

 

続いてPS2ですが、こちらはテレビの裏側に立てて設置することにしました。

ちょっと使い勝手が悪いですが今は使用頻度は高くないのでこれでよしとしました。

 

~完成~

 

DSC03732

(画面に表示されているのはプリインストールされている画像)

 

最終的にはこんな感じになりました。

こたつに座ってみていても全然疲れなくなりました。

以前の42インチの時でもちょっと高いかなと感じていたので

55インチでは高すぎると感じるのも無理は無いと思います。

 

CDプレーヤーは使ってないので撤去しても良かったんですが

なんとなくでとりあえずスピーカーの上においておくことにしました。

ちなみにスピーカースタンドは2×4の柱をホームセンターでカットしてもらって自作したものです。

最後にAVアンプの自動音場補正を設定して一段落しました。

 

●最終的なAV機器全体の構成は下記のとおりになりました。

TV SONY BRAVIA KDL-HX850ブログ内記事はこちら
AVアンプ ONKYO TX-NA609ブログ内記事はこちら
BDプレーヤー/ゲーム機 PS3(CECH-3000)
CDプレーヤー Pioneer PD-T05ブログ内記事はこちら
ゲーム機 PS2(SCPH-50000)
Wii
フロントスピーカー DIATONE DS-77Z
センタースピーカー ONKYO D-508Cブログ内記事はこちら
サラウンドスピーカー ONKYO D-508Mブログ内記事はこちら)(天井取付金具 CB-102W)
サラウンドバックスピーカー ONKYO D-308M(天井取付金具 CB-102W)
サブウーファー YAMAHA YST-SW325ブログ内記事はこちら

Sponsored Links

ONKYO D-508Mを購入しました(2012/8/11)

2012 年 8 月 15 日 コメントはありません

SONY DSC

2012年8月10日(金)先日ONKYOのセンタースピーカー、D-508Cを購入したばかりですが

今度は同じ店舗でD-508Mを2台購入してしまいました。

今回も展示処分ということで結構お安く買うことが出来ました。

 

SONY DSC SONY DSC SONY DSC

(展示品ということで3枚目のように傷がある部分もあります)

 

このエイデンでは通常1本15800円で販売しており

メーカー生産終了なのか処分となり7800円になっていました。

しかしちょっとしたわけがあってさらに値下げとなり、1本4800円まで値段が下がりました。

知りたい方はこの記事の下の方にある「購入日記みたなもの(備忘録)」付近を見てください。

 

ここで設置前のスピーカーの構成を書いておきます。

フロントスピーカー DIATONE DS-77Z
センタースピーカー ONKYO D-508Cブログ内記事はこちら
サラウンドスピーカー ONKYO D-308M(天井取付金具 CB-102W)
サラウンドバックスピーカー ONKYO D-105M(天井取付金具 CB-102W)
サブウーファー YAMAHA YST-SW325ブログ内記事はこちら

 

購入時の構想ではD-508Mをサラウンドスピーカーにして

D-308MをサラウンドバックスピーカーにまわしD-105Mを廃止するという計画でした。

 

D-308MとD-508M

 

ONKYO D-308Mを一旦取り外すのでちょっとD-508Mとサイズを比較してみました。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC 

 

まずは重さなのですがD-508MはD-308の3.3kgに対して4.5kgと約1.2kgほど重くなっています。

しかしD-508Mはその差以上に本体が大きくなっているためか思ったより軽く感じてしまいました。

 

本体の大きさはご覧のとおり結構違います。

D-308シリーズが10cmウーファーなのに対してD-508シリーズは13cmですから

それに伴い本体サイズが大きくなったような印象です。

そのせいか奥行きはあまり両者に差はありませんでした。

 

設置

その計画を実現すべく早速取付作業を開始しまして

特に問題なく構想通りの構成に変更できました。

ここでアンプの自動音場補正機能を使用してスピーカーの自動セッティングを行いました。

5~10分ほどで終了しようやく視聴できる状態となりました。

 

簡単な感想

早速色々試聴してみましたが正直言うとセンタースピーカー導入時のような感動はありませんでした。

サラウンドスピーカーなのでこれはある程度は予想していました。

 

しかしサラウンド周りをONKYOのD-x08シリーズで統一した効果はあったようで

以前はサラウンドが鳴っているなというか、ちょっと違和感を感じていたのですが

今回の構成にしてからは全体の音のつながりがとても自然になりました。

やはりボトルネックはD-105Mだったようです。

 

他にも5.1chソースなどをプロロジックⅡで7.1ch化して聴いてみましたが前よりは良い感じです。

しかし5.1chソースは素直に5.1chのまま聴いたほうがいいのかなという作品もあり

物によって使い分けるのがいいのかなと思っています。

というか評価できるほど聴きこんだわけではないのでまだなんとも言えない状態です。

 

よく聴いたといえばこのサラウンドシステム、リビングに設置してあるためテレビ番組が9割なんです。

それでも今はちょうどロンドンオリンピックを放送しているため

5.1chで放送されている番組もそれなりにありサラウンド感を味わうことも出来ました。

 

サラウンドスピーカーはD-308Mあたりで十分そうですが

今回この価格でD-508Mが買えてしまったので導入してみました。

D-308Mより劣ることはないので十分満足できました。

 

ONKYO D-508C

やっぱりこの前の処分セールでセンタースピーカーにD-508Cを導入したのは正解だったようで

テレビは普段からプロロジックⅡで再生する設定になっていますが

このセリフの聴きやすさに慣れてしまうとテレビスピーカーからの再生に切り替えた時に

テレビスピーカーの音のこもり具合にビックリしてしまうほどです。

慣れてしまえばどうってことはないはずなんですが

切り替えて聴き分けるとテレビスピーカーの音の悪さが誰でもわかるレベルではっきりわかってしまいます。

やはりセンタースピーカーは重要な存在だということをあらためて実感しました。

 

最終的にはAV機器全体の構成は下記のとおりになりました。

TV TOSHIBA REGZA 42RH500
AVアンプ ONKYO TX-NA609
BDプレーヤー PS3(CECH-3000)
CDプレーヤー Pioneer PD-T05ブログ内記事はこちら
ゲーム機 PS3(CECH-3000) (兼BDプレーヤー)
PS2(SCPH-50000)
Wii
PC 自作PC(HDMI接続)
フロントスピーカー DIATONE DS-77Z
センタースピーカー ONKYO D-508Cブログ内の記事はこちら
サラウンドスピーカー ONKYO D-508M(天井取付金具 CB-102W)
サラウンドバックスピーカー ONKYO D-308M(天井取付金具 CB-102W)
サブウーファー YAMAHA YST-SW325ブログ内記事はこちら

 

だいぶまともな構成になってきたかと思います。

 

購入日記みたいなもの(備忘録)

 

先日D-508Cを購入した際に展示中のD-508シリーズ全体がすでに処分特価となっており

D-508Cを購入した時点ではD-508シリーズ全体が揃っている状態でした。

ウーファーもSL-D500が処分となっており気になっていましたが

値段が一応19800円ぐらいだったのでちょっと予算をオーバーしてしまいそうでした。

D-508Mは一応1台7800円ということになっておりこちらに目をつけていました。

 

そしてこの日、気になっていたD-508Mを見に行ったところ

まだ売れないで残っていましたがSL-D500の方は売れてしまったようです。

 

あらためて外観の傷などを確認した上で早速近くの店員を呼んで

「これもうすこし安く出来ませんか?」といきなり値下げ交渉をしたところ…

店員はちょっと無理そうな顔をしながらちょっと調べてきますといいレジの方へ行きましたが

すぐに戻ってきて5800円にならできますといきなりあっさり2000円も引いてくれました。

というわけでほぼ予算内に収まりそうなのでこれで購入を決めることにしました。

 

梱包準備中は店内をあちこち見て回りながら時間を潰していましたが

全体的に処分品がたくさん出ていて結構安くなっている商品もありました。

どうやら今回は本当に処分セールを行なっているようです。

 

10数分ほど経ったところで店員が相談にやって来ました。

展示品ということで付属品に欠品があるため

欠品していてもよければ値下げで対応するという話でした。

なかったのは底面に貼るコルクとかそういうもので

天吊にする私の場合はなくても問題なかったのでさらに値下げで販売してもらうことにしました。

 

そして最終的には1台4800円まで値段が下がり確実にオークションの相場より安く購入することが出来ました。

展示品ということでメーカー保証もあります。

スピーカーはそうそう壊れるようなものではないのでこれで十分です。

店頭展示中の扱われ方は…気にしないのが一番かと思います。

Sponsored Links