ONKYO TX-SA600のジャンクを購入→スピーカーリレーの交換

DSC07464

 

よく行くハードオフでONKYOのAVアンプ、TX-SA600のジャンクを買ってきました。

「フロントA,B音出ました」と書いてありリモコンと取扱説明書が付属していました。

値段は6000円と特にお得なわけではないのですが今使っているTX-DS595の

ひとつ次の機種なので使い比べてみたくなり買ってきました。

 

 

早速動作チェックしてみました。

基本動作は問題ないようですがサラウンド側のスピーカーから音が出にくいです。

症状的にはよくあるスピーカーリレーの接点不良といったところです。

スピーカーリレーは最初から交換するつもりで買ってきたので特に問題ありません。

 

問題はスピーカーリレーの交換難易度です。

TX-DS595のときは一番下の基板まで取り外さないと交換できませんでした。

天板を外しおそるおそる内部を伺ってみるとスピーカーリレーはすぐそこにありました。

スピーカーターミナル端子が取り付けられた基板と端子を固定しているネジ5本を外して

この基板につながっている内部ケーブル3本外せば簡単にしかも楽に交換作業ができることがわかりました。

早速ネットで部品注文しました。

 

DSC07456 
ターミナル端子の5つのねじを外すと→
DSC07457  4つのリレーがついた基板が取り外せ
3本のケーブルを抜くと完全にフリーになります。
 
     

 

 

 

 

~~~数日後~~~

 

注文しておいたスピーカーリレーが到着しました。

早速交換作業開始です。

 

やりやすいところに持っていっての作業ができるので簡単でした。

一番面倒だったのは半田吸い取り線で半田を吸い取る作業です。まだまだ修行が足りませんな・・・

 

簡単な動作チェックを行ってTX-DS595と交換しました。

スピーカーを接続してLEVEL CALで音を出してみると全スピーカーで正常に音が出るようになりました。

TX-DS595ではデジタル放送のAAC音声を入力すると

チッチッチッチと左側のスピーカーからノイズが入るという不具合がありましたが

さすがにこのTX-SA600では問題ありませんでした。

これでデジタル放送のサラウンド放送も楽しむことができます。

 

DSC07461 
下:TX-DS595 上:TX-SA600
DSC07462 
TX-DS595
DSC07463
TX-SA600
     

 

 

TX-SA600からはD端子も装備しているので今までD端子切り替え機を使用していましたが不要になりました。

フロントに入力端子があるのも便利です。

本当はTX-SAx01以降がよかったのですが現状これで十分かなといったところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hata より:

    今日は、おめでとう御座います。
    私もsa600を同じようにジャンクで買いました。
    現在異常ないようですが、リレーが壊れたらかないません。
    型番や注文先を教えていただけませんか。お願いします。
    「hataさんのかけはし アンプ」で検索されると当方のアンプ交換その模様が読めるかと思います。

  2. mikanmike より:

    ブログが放置状態のため返信が遅くなり申し訳ありません。
    この時は共立エレショップという通販サイトで購入し、
    リレーの型番はALA2F24だったと思います。

  3. hata より:

    返信ありがとう御座いました。只今、受けました。
    負けずと私の受取りも遅いです。早速、手配したいと思います。
    ありがとう御座いました。