SONY HDR-CX550Vを買いました(2011/2/10)

DSC09822

 

最近電器店やカメラ店に行くとどうしても気になってしまう商品があります。

そう、ハイビジョンビデオカメラです。

 

~2007年ごろの話~VL-AX1

SHARPのDVテープ式のVL-AX1という非常にマイナーな機種を使用していましたが

ここ数年はヘッドの状態がよくないらしく

すぐブロックノイズが出たりして使い物にならなくなっていました。

しかしこの頃になると家族に小さい子供がいるわけでもないので

特に買い換えるという話はありませんでした。

 

 

~数年の月日が流れ・・・~

2010年秋、このカメラが完全に壊れてしまう前に以前に

録画したデータをPCに移しておこうとおもって作業していたところ

10年ぐらい前の映像とか見るとなかなか面白いのです。

それも何の変哲もない普通の日常シーン。

家具の配置が違ったり偶然写っていた電車が現在と違う仕様だったりとか。

 

あと2009年ごろからはまりだした鉄道などを撮影してみたくなったということがあります。

Youtubeなんかでも個人撮影の展望ビデオなどがHD画質でアップされているのを見ると

自分でも撮ってみたいと思うようになってくるのも別に不思議なことではないはずです。

あとBVEで路線を作ってみたいという思いもあり下調べするのに便利そうだなと。

(BVE知らない人はググってみてください)

 

あとペット(猫)を撮りたかったというのがあります。

このハンドルネームの由来になったみかんという名の猫の若い頃の映像は結構あるのに

いま飼っているももという猫の映像はまったくなかったのです。

 

 

というわけで新しいビデオカメラを買うことにしました。

電器店で各社の展示品をいろいろいじっていると自分が必要としている機能などがわかってきました。

  • ファインダーはいらないけどα700みたいな高精細な液晶モニターがあったほうがいい。
  • レンズは望遠よりは広角のほうがほしい。(VL-AX1が望遠寄りで使いにくいことが多々あった)
  • 手振れ補正は歩き撮りにも耐えられるものがほしい。(猫撮りとかで)
  • メモリ容量は特に重視しない。(すぐにPCに移してしまうため)
  • マイク端子はほしい。
  • 5.1chサラウンドはほしい(どちらかというと試してみたい)
  • 薄暗くても低ノイズという裏面照射型センサーを使ってみたい。

こんな感じになり一番しっくり来たのがSONYのHDR-CX550Vでした。

しかし予算を倍もオーバーしているし困ったな・・・

 

DSC09822 DSC09823 DSC09825

 

 

 

そうこうしているうちに新型が登場する時期になり、店頭では在庫・展示処分が始まり始めました。

HDR-CX550Vの後継機種であるCX700&CX560の仕様も公開され一応目を通りましたが

いま安くなっているCX550Vで十分そうなのでこれに狙いを定めました。

 

しかしさらにグズグズしているうちに在庫はなくなり展示品のみになってしまったり

展示品すらすでにない店舗もかなりありこりゃ完全にタイミングを間違えたかなといった状態になりました。

普段の行動範囲内にはもうまともな新品がない状態だったので

ちょっと離れた(といっても所要時間は変わらない)田舎のエイデンへ行ってみることにしました。

ビデオカメラコーナーに行ってみると目的のHDR-CX550Vがありました。

値札を見る限りどうやら展示品限りではなさそうです。

ただ値段が79,800円という値段でした。

田舎なのでそんなすぐには売れないだろうということでこの日は引き上げました。

 

後日またこのエイデンを訪れてみると前回と変化なく展示されていました。値札も変化なしです。

とりあえず本当に在庫があるのかを確認しなくてはならないので店員に聞いてみることに。

近くにいた店員にちょっと在庫を確認してもらったところ新品が1個あるとのことです。

値段は77,800円ですが処分なので73,000円ぐらいに出来ると向こうのほうから言ってきました。

とりあえず在庫の数と処分の売値が把握できたのでいったん引き上げることにしました。

ラスト1個なのでお早めにという言葉をもらいながら・・・

 

その数時間後ATMでお金を下ろしたことは言うまでもないことでしょう。

そして本日2度目の来店です。

 

先ほど在庫を確認してもらった店員にきてもらい

ちょっと価格交渉的なことをしてみることに。

 

店員:「えー77,800円ですが処分なのでこちら73,000円になります」

私:「液晶保護フィルターつけてその値段でいけますか?」

店員:「そんなのでよろしいのですか?1000円ちょっとのものですけど」

(??? え?まだ余裕で値引きできるんかい!)

私:「ええ、確かに1000円ちょっとのものですけど・・・」

店員:「バッテリーとかはどうなさいます?」

私:「バッテリーねぇ・・・ん~・・・」

と言ってあまりにあっさり値引いてくれそうなので拍子抜けで思考停止中につきとりあえず沈黙。

私:「じゃあ保護フィルターつけて最終的にはいくらに出来ます?」

店員「そうですね・・・ストラップつけて7万円ジャストですね。」

私:「じゃあそれでお願いします!」(即答)

 

 

あまりにもあっさり値引きしてくれたためどうするべきかよくわからなくなり

おろした現金がちょうど7万円だったこともあり7万円で決めたのですが・・・

 

もしかして保護フィルターなしで予備バッテリーつけて

73,000円もしくは7万円に限りなく近くすることが出来たのではないかと

購入後の帰宅途中でいろいろ考えてしまいましたが・・・まぁさすがにそこまではいかないだろうと。

キリのいい金額でちゃんとした新品が手に入ったのでまあいいでしょう。

充電は本体でしか出来ないので予備バッテリーを本格運用するには別途充電器は必須だとおもいますし。