うるさら7にワイヤードリモコン KRC081A1 を取り付けた

先日書いたダイキンのうるさら7、AN63VRPですが湿度戻りについてはメーカー対策部品で改善できました。
しかし室温の誤検知については改善できませんでした。

ワイヤードリモコンの温度センサーを使おう

この機種のカタログや技術資料を眺めているとオプションにワイヤードリモコンKRC081A1があり、それに搭載されている温度センサーを使えることがわかりました。これを使えば延長サーモのように使えそうなので思い切って取り付けてみることにしました。

あとは単純にワイヤードリモコンを設置してみたかったという一言に尽きます。

※ダイキンルームエアコンでワイヤードリモコンの温度センサーを制御に使用できるのは上位機種のみです。

リモコン設置

ワイヤードリモコンをエアコン本体から5メートルほど離れた箇所に設置しました。
本体側はまず以前に自分で後付けした無線LANアダプターを取り外しました。室内機基板上、同じ端子を使用するため共存できませんでした。
室内機は右側に余裕があれば作業スペース的にそれほど難しいことはありませんでした。
ケーブルは専用品で長さ調整できなかったのでだいぶ余ってしまいました。

取り付け後の室内機
右下のスリットに室温センサー

効果は絶大だった

季節は秋、まずは暖房運転時の効果を確かめることに。

2021年10月に取り付けてから約5カ月間、毎日暖房運転で使用してきましたが室温の安定性が違いました。基本暖房22度設定で運転していましたがほぼ設定温度通りの室温でキープできました。

ワイヤードリモコンの温度計が22度で安定しているときに、時折ワイヤレスリモコンで室内機温度センサーをチェックしてみると、室温を25度や26度と検知しているときもあったので、室内機センサーでは正確な制御はできなさそうです。

どうもダイキンのエアコンは室温センサーで損しているような気がします。正確な室温をエアコンに与えてあげれば室温を安定して制御できる能力はあるのに生かし切れていないように感じます。

あとは冷房運転時にどうなるかはまだ設置してから夏が来ていないのでわかりません。気が向いたらまた追記しようかと思います。

あとちょっとしたことですが、電源切時でも室温が表示されるので簡単な温度計としても機能して地味に助かります。なお室内機温度センサーとリモコン温度センサーは常に表示できますが室外機温度センサーは運転中のみになるようです。

リモコンとしての出来はイマイチ

延長サーモとしては非常に優秀でしたがリモコン機能的にはイマイチかもしれない。

まず風向上下左右調整がON-OFFしかないです。
ONにするとフラップ等が動きOFFにするとその時点の近似箇所で止まる仕組みです。
うちのうるさら7ではワイヤードで風向上下をいじってしまうとちょうどいい位置に止められなかったのでこの部分は触らないことにしました。そうすれば付属のワイヤレスリモコンで設定した風向(自動含む)を保持しているようです。

基本的な操作画面

次に全体的にレスポンスが悪いです。
温度変更などをする際にキーを押してもワンテンポ遅れる感じです。
一番困るのはウィークリータイマーを設定するときであまりの遅さに発狂しそうになりました。
このレスポンスで1分単位のタイマーなので1週間分設定するのに10~15分かかりました…。一度設定すればそんなにいじることはないですが…。

メインメニューのレスポンス
ウィークリータイマー設定画面